ライン

交配について

本当に大丈夫?

 犬は安産と言われますが、それは主に中大型犬に対する言葉です。小型になればなるほど難産の傾向が強いため、超小型犬であるティーカッププードルの出産には、それなりの覚悟と余裕が必要です。
 少なくとも出産当日には24時間体制で見守ることができ、もしもの時は深夜・早朝問わずに動物病院と連携できる必要があります。「仕事で家に居ない時間帯がある」とか「車の運転ができずに病院へ連れていけない」という人は、考え直した方が良いかも知れません。
 超小型犬の出産では、胎児が母犬の骨盤より大きく育ち過ぎて、帝王切開での出産が必要になる場合も多くあります。これに気付かずに自然分娩させると、胎児が骨盤を通過できず、母子ともに命を落とす事があります。
 そして、無事に出産した後も、母犬が育児放棄した場合は、飼主が哺乳瓶で数時間おきの哺乳と、排泄の世話などを1か月近く面倒を見る覚悟が必要です。その間に、子犬たちの新しい飼主も探さなくてはなりません。
 我が娘に「赤ちゃん」を産ませたいという飼主様の気持ちも分かりますが、母犬も危険にさらすわけですから、飼主として十分考えてご決断ください。
 大型犬に比べると出産頭数は少ないのが一般的で2頭~5頭くらいが産まれます。一般家庭で全ての子犬を飼育するのは難しいと思います。譲渡先等も確保しておく必要があります。有償無償に関わらず譲渡を繰り返すことは"業"とみなされ、動物愛護管理法違反となりますのでご注意ください。

出産画像


交配内容

お願い

【みにぷーはうす】では交配前にブルセラカニス検査をお願いしております。
母犬がブルセラカニス病に感染していると、産まれてくる赤ちゃんも母体から感染して産まれてきます。また、お産を手伝った人間にも感染する可能性がある人畜共通の感染病です。以前、近畿地方で人間への感染例があります。
 ブルセラカニス検査は、かかりつけの動物病院に検査を依頼して下さい。採血して外部機関へ検査を依頼するため、検査結果がでるまで4日~1週間程度かかります。生理が始まったら、まずブルセラカニスの検査を行って下さい。

交配料金

「自然交配」又は「人工交配」で行います。体格が違いすぎる場合や、相性が悪い場合は自然交配が難しく、母犬にもストレスを与えてしまうため、人工交配で行う方が多いです。どちらの方法でも料金は変わりません。
●プランA
 排卵日前後に1日又は2日空けて、2度交配させます。
 受胎率が高く一般的な交配プランです。
 もし、受胎しなかった場合には次回(※1)は無料で再交配致します。
 ※1:次回とは1回目の交配から7カ月以内です。
●プランB
 排卵日前後に1度交配させます。
 このプランでは受胎しなかった場合の次回再交配補償はありません。

●遠方の方は・・・
 お預かり、又は、出張交配も承ります。
 交通費、出張料など別途必要です。
 お気軽にお問い合わせください。

交配料(税込)

 交配料
プランA 6万円
プランB 4万円




★遠方の方は、下記オプションをご利用下さい。

オプション料(税込)

 料金
出張交配 プランA:1万円/プランB:5千円
お預かり 無料
交通費 実費
Copyright (C) みにぷーはうす. All Rights Reserved.