販売中の子犬はこちらをご覧ください



ライン

なぜ自家繁殖?

ペットショップの利点と欠点

ペットショップには沢山の犬が展示されていて、その中から気に入った子を探す事ができます。大型チェーン店であれば、他店の子犬も購入する事ができます。
しかしながら、多くのペットショップでは、その子犬の母親、父親の事を知りません。
犬も骨格、毛色、性格など、多くの部分を両親から引き継いで産まれてきます。しかし、ペットショップでは親の毛色や体重、性格などが判明しているケースは極稀なのです。

自家繁殖だと・・・

規模の大きなブリーダーでは、人手不足により母犬は常にゲージで過ごし、産まれた仔犬たちも不衛生な環境で育てられる事があります。 また、ワクチンなど未接種の母犬も多く、産まれた仔犬たちは十分な免疫を持たないまま成長する事もあります。

【みにぷーはうす】は少数の犬に愛情を掛けて育て、産まれた赤ちゃんたちも衛生面に配慮した環境の中で、我々の愛情をいっぱい受けて育ちます。小さいころから犬同士の触れ合いがあり、性格の穏やかな、聞き分けの良い犬に育ちます。
人懐こく甘えん坊な母親から産まれ、育てられた仔犬たちも、同じように人懐こく可愛い犬に育つことでしょう。
両親犬がはっきりしているので、子供の成長時のサイズもほぼ想定できますので、飼主様へ自信を持ってお勧めできるメリットがあります。

人気のティーカッププードル

サイズの違い

ティーカップ・プードルという犬種はJKC(血統書団体)には存在せず、小さなトイ・プードルを指す呼び名です。

→表のタイニーサイズ以下は規定がありませんので、一般的に解釈されているサイズを表記しています。

【みにぷーはうす】では、体重1.5~2Kg前後のティーカッププードルを繁殖しています。

プードルのサイズ目安

サイズ体重(Kg)体高(cm)
スタンダード16~2545~60
ミディアム8~1638~45
ミニチュア6~828~38
トイ3~6~28
タイニー2~3 
ティーカップ1~2 
マイクロティーカップ~1 
ミックス犬の繁殖について

【みにぷーはうす】には2頭のミックス犬(チワプーとマルプー)の母犬がいます。
サイズ的にはティーカッププードルのように小さくはありませんが、 健康で陽気なミックス犬も自家繁殖しております。 純血種にはない個性的なスタイルで Only One を求める方も多い時代でもあります。
純血種には犬種特有の疾患や弱点があります。例えば、ダックスはヘルニアになりやすいとか、プードルは脱臼しやすい、キャバリアは心臓疾患が多いとか・・・。これらは骨格や遺伝によるものであり劣性遺伝です。ミックス犬の場合、母犬と父犬の犬種が異なるので、特有な疾患が出にくく、劣勢な部分も他方の優勢な部分で補われ、健康で丈夫な犬が多いと言われます。


販売中の子犬はこちらをご覧ください


Copyright (C) みにぷーはうす. All Rights Reserved.